ティーエフケイ株式会社ロゴ
 

企業情報

3つの浄化 お問合せ

プライバシーポリシー

商品紹介 TOPへ戻る
病気なんでも事典
便秘
  便秘Part2へ
便秘Part1 原因と種類

10月に入り、ようやく秋らしい涼しさがやってきたと思った途端に大型の台風が上陸し、各地に大きな被害をもたらしておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

秋は季候もよく、過ごしやすい季節と言われますが、“ある症状”の人にとっては大変苦しい時期です。
それは 『便秘』! 実は便秘は秋冬に最も要注意なのです。

そこで今回は2回に分けて便秘を特集したいと思います。

前編の今回は、「便秘の原因と種類」をタイプ別に探っていきます。

 

便秘はどうして女性に多いの?
便秘といえば、世の多くの女性を悩ませている症状ですが、なぜ便秘は女性に多いのでしょうか?それは、主に4つの原因が考えられています。

原因①
男性に比べて腹筋が弱く、便を押し出す力が弱いため。

原因②
排便をガマンしがち。職場や学校ではトイレに行くのが恥ずかしく、ついガマンする人も多いはず。

原因③
ダイエットによる食事制限

原因④
ホルモン変動が大きい

このような理由で女性に多いと考えられています。

しかし、筋力の衰えてくるお年寄りや、また若い男性でも密かに便秘に悩んでいる人もいます。もはや便秘は女性だけの病気とは言えません。

ダイエット

 

便秘の主な症状と原因

じつは、便秘は秋から冬にかけて最もよく発生し、悪化しやすいと言われています。

空気が乾燥するこの時期は、腸内のうるおいも不足して便が乾燥し、便秘になりやすいのかもしれません。

<便秘によく見られる症状>

・排便に時間がかかる
・力まないと出ない
・便やオナラが臭い
・おなかが張る
・食欲が進まない
・肌荒れ、顔色が悪い
・冷え性、肩こり
・気力がない、イライラする
・夜眠れない

 

<主な原因>

・小食
・水分不足
・食物繊維の不足
・便を我慢する
・ストレス
・運動不足
・睡眠不足

 

<便秘による害>

便秘を「ただ便が出ないだけ」と侮ってはいけません。

腸内に便がたまると、悪玉菌が毒素を発生し、それらが体内を刺激することで様々な症状を引き起こすと考えられています。

悪玉菌

 

「ただの便秘」と放っておくと大変なことになりますよ。

・大腸ガン、大腸ポリープ
・高血圧
・じんま疹、アトピー、喘息
・痔
・口臭

早めに対処して、便秘習慣からスッキリ抜け出しましょう。

 

なぜ便秘になると肌が荒れるの?
肌荒れ

便秘になると顔にぶつぶつができたり、ニキビが増えるなど、肌が荒れて困っている人も多いのではないでしょうか?

なぜ便秘になると肌まで調子が悪くなってしまうのでしょう?

『便秘と肌荒れの関係』

私たちの体は、いらなくなった老廃物を便や尿として排泄していますが、実は皮膚にも同じような働きがあります。

血液中の老廃物を、汗や皮脂として体外へ放出しているのです。

便秘になると、老廃物が体内に溜まってしまいます。その結果、発生した毒素が腸から吸収され、血液中に増えると、それを処理するお肌にも負担がかかってしまいます。

そのため、「便秘→肌荒れ」という関係になるのです。

あなたの肌荒れの原因も、実は便秘からきているのかもしれません。きれいなお肌は、健康な腸を作ることから始まります。

 

あなたの便秘はどのタイプ?
便秘は、原因によって主に4つに分けられます。タイプによっては対処法も違ってくるので、まずは自分がどのタイプなのかチェックしてみましょう!
チェック
通過障害型便秘

<便の特徴>
鉛筆のような細い便

<原因>
腸付近の病気により腸が細く閉じてしまい、便が出にくくなる。

<なりやすい人>
大腸ガン、腸閉塞などの人

腸閉塞
弛緩(しかん)性便秘

<便の特徴>
硬い便

<原因>
大腸や下腹部の筋肉がゆるみ、便を押し出す力が弱くなったために起こる。

<なりやすい人>
運動不足の人や、高齢者など。※もっとも多いタイプ

高齢者

 

けいれん性便秘

<便の特徴>
うさぎのフンのような小さく固い便

<原因>
自律神経の乱れで腸が極度に緊張し、けいれんを起こして便が通りにくくなる。強い腹痛がある。

自律神経についてはコチラ
自律神経 前編
自律神経 後編

<なりやすい人>
ストレスの多い人

自律神経

 

直腸性便秘

<便の特徴>
太くて固い便


<原因>
排便をガマンするうちに便意を感じにくくなったり、下剤を多用することで、本来持っている「便を出す力」が弱くなってしまう。

<なりやすい人>
排便をガマンしたり、下剤を多用する人

薬

さあ、あなたはどのタイプに当てはまりましたか?
便秘を正しく解消するためには、自分のタイプを知ることが大切です。

 

「便秘」は病気の注意信号と心得よう!
参考図書:健康の地図帳(講談社)
からだの地図帳(講談社)

便秘を甘くみていると、もっとひどい病気になってしまうかもしれません。

次回「便秘・後編」では、それぞれのタイプの注意点なども交えながら便秘を上手に解消する方法をご紹介します。

これを見ればお肌も若返るかも?!

  便秘Part2へ
 
 

まめ知識[目次]へ

食と健康[目次]へ

病気解説[目次]へ

当社商品一覧へ

お問い合わせ

TOPページへ戻る

Copyright TFK CORPORATION.
All rights reserved.
d