ティーエフケイ株式会社ロゴ

企業情報

3つの浄化 お問合せ

プライバシーポリシー

商品紹介 TOPへ戻る
 
食と健康

たまねぎ

たまねぎ

皮をむいて包丁で切ると涙がポロリ・・・

調理する側には、なかなか手強いたまねぎですが、優れた効果を持つ優秀な食材です。

 

たまねぎの種類
黄たまねぎ

炒め物、煮物など一般的によく使われる。辛味が強いので、サラダには向かない。

 

紫たまねぎ

紫玉ねぎ

辛味が少なく、水分が多い。彩りもきれいなので、サラダに最適。

 

白たまねぎ

水分が多く、甘味が強いので、生食向き。

 

※どの種類も湿気を嫌うので風通しのよい日陰で保存しましょう。

 

タマネギには、他の野菜にはあまり含まれない「ケルセチン(ポリフェノールの一種)」や「硫化アリル」が豊富に含まれていて、血管を健康に保つ働きがあるようです。

特にケルセチンは、丈夫な血管を作る・血管壁を強くする・血管を拡張して血圧を下げるなど、高血圧などの血管障害に有効な成分といわれています。

 

便利な冷凍保存

できるだけ食材を冷凍するのは嫌い!

という方もいますが、たまねぎは冷凍すると調理時間を短縮できる時短アイテムにもなります。なので、時短で調理したい時など、大変重宝します。

保存の仕方はとても簡単です。

@皮をむいたそのままの状態や、千切りやみじん切りなど使いたい状態にします。

A空気を抜くようにサランラップで包みます。

Bユニパックやジップロックなどのチャック式のビニールに保存します。

たったこれだけです。

冷凍した場合には水気が出てしまいますが、生のものよりも甘味が増えますので、カレー、ミートソース、ハンバーグ、グラタン等が手間なく作れます。

※ただし、シャキシャキした食感は損なわれてしまいますので、タマネギメインの炒め物には不向きです。

 

【調理のポイント】

@切る前によく冷やしておく

涙する男

よく研いだ包丁で冷えた玉ねぎを切ると、細胞がきれいに破壊され、涙のもとになる硫化アリルに変化する量が減るため、あまり涙が出ない。

 

A切ったら30分以上は放置する

時間が経つごとに硫化アリルが増えるため、効果がアップする。

水にさらすと、成分が水に溶け出てしまうので注意が必要。有効な成分は、熱に弱いので、生で食べるのがおすすめ!

 

私のおすすめ

私は玉ねぎが大好きなのです。特に、ミートソースやハンバーグが好みですが、簡単にできる玉ねぎスープはオススメです。

タマネギスープ

@小鍋に水を張り、皮をむいて半分に切った玉ねぎ2個を入れ、火にかける。

Aコンソメ、塩コショウ、オリーブオイル、黒胡椒を適量入れる。

B沸騰したらアクを取る。

C最後にクルトンやパセリをちらす。

料理人からすると邪道かもしれませんが、大きな玉ねぎを食すことができる上、手軽で美味しいですよ。

 

生食で効果アップ!たまねぎで健康な血管を保ちましょう。

 

まめ知識[目次]へ

食と健康[目次]へ

病気解説[目次]へ

当社製品一覧へ

お問い合わせ

TOPページへ戻る

 

 

 

Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.