上に戻る上に戻る  

                 シソ
   
  中国南部からミャンマー、ヒマラヤ付近が原産の一年草です。日本へは縄文時代
  には伝わっていたようで、平安時代にはすでに香辛野菜として使われていました。

 
症状を問わず何にでも効果的
       
初夏になると店頭に青梅が並び、しばらくして赤ジソが出て来ます。
      爽やかな香りと色で食欲を刺激し、増進させてくれる夏の名脇役です。
      薬味として利用されているシソは、ビタミン類やミネラルなど体に必要な
      成分がとても多く含まれている優秀な野菜です。
       

 ガンの抑制
   抗酸化作用のあるビタミンAガンや老化を予防
 貧血予防
   血液を作るもととなる体内に酸素を供給
   ・野菜や果物に含まれる非ヘム鉄をビタミンC
    
吸収しやすい形に変える
 高血圧予防
   利尿作用のあるカリウムが余分なナトリウムを
    排出して
血圧上昇を抑制
 うつ予防
   ・抗ストレス作用のあるカルシウム精神を
    安定させる
 糖尿病
   ・栄養素の吸収をゆるやかにする食物繊維
    血糖値の急激な上昇を抑制

  
シソパワー
       近年、医学界でも大注目され、健康と若さを保つのに
      効果的な食材と言われています。
      特に疲れている方にはお勧めで、 β−カロチンなどの
      豊富な栄養素によって見違えるようにモリモリ元気が
      出てくると思います。

      必須脂肪酸の一種 「α-リノレン酸」

       必須脂肪酸とは油の中に含まれている栄養素で、文字通り
      私たちが生きていく上で必要不可欠のもの。体内で合成され
      ないため、食品から摂取する必要があります。

 《効能》
   ・体内に入るとEPA、DHAに変わり、血液をサラサラ
    にする。
    動脈硬化、脳梗塞、脳卒中、高脂血症、高血圧などの
    病気の予防、改善が期待できる。
   ・脳や網膜の働きを高める。
   ・ガンの発生や増殖を抑制する。
   ・アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を
    緩和。


      血糖値の上昇抑制 「ロズマリン酸」
       最近注目されているポリフェノールの一種で、赤ジソにより多く含まれて
      います。花粉症などのアレルギー症状を抑える物質も含んでいます。
      さらに糖尿病や肥満の原因となるブドウ糖の分解を抑制し、血糖値の
      上昇を防いでくれます。
         

      疲労回復や肌荒れにも効果的 「β-カロチン」
       緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロチンの含有量は野菜の中でもトップ
      クラス。シソ1枚で1日の所要量の6分の1に相当します。β-カロチンは
      油と一緒に摂ると吸収しやすくなるのでドレッシングをかけてサラダに
      するとより効率的です


 《老化防止》
   皮膚や粘膜などの上皮細胞の形成や働きに大きく関係し、
   肌荒れ予防が期待できる。
 《ガン予防》
   抗酸化作用が余分な活性酸素を取り除き、ガンの増殖を
   抑制する。
 《風邪予防》
   胃腸や気管などの粘膜を正常に保ち、健康な皮膚を作り、
   細菌やウィルスの侵入防止。


      爽快な香りの正体 「ペリルアルデヒド」
       独特の香り成分ペリルアルデヒドは、強い抗菌作用・防腐効果が
      あります。
      刺身のあしらいや薬味に欠かせないのはこのためです。食中毒を
      予防する他消化酵素の分泌を促し、食欲を増進させて胃の調子を
      整える作用もあります。

  種類と選び方のポイント
     
シソは大きく分けると、葉が緑色をした青ジソと、紫色をした赤ジソに
    分けられます。青ジソは爽快な香りがあり、刺身のあしらいの他、天ぷ
    らや麺類の薬味などに使われます。年中出回りますが、本来は初夏
    から盛夏が旬です。
     一方、赤ジソの葉は赤みを帯びた緑色をしており、旬は6〜7月で、この時期
    以外はほとんど出回りません。その他、シソの若い芽の芽ジソや刺身に添え
    た薄紫色の花をつけた花穂ジソなどがあります。
              
  保存法
     冷蔵庫の冷気がシソに直接当たると凍結しやすいので、必ず野菜室に入れて
    下さい。
    また、シソは乾燥しやすいのでペーパータオルに包み、それごと水でぬらし、
    軽く水を切ってから密封容器などに入れると一週間くらい保存可能です。

  調理法
     昔、中国で食中毒になった人にこの紫の葉を食べさせたところ命が蘇った
     ことから「紫蘇」と名づけられたとか。栄養価、薬効ともにすぐれたシソの
     理想の摂取量は1日20〜30枚ですが、これだけの量を毎日摂るのは
     大変です。
     そこで、シソを煮詰めて栄養価を凝縮させたジュースにすれば、毎日簡単に
     摂ることが出来ます。一度お試しあれ !

 
 栄養満点シソジュース

  【材料】
    赤ジソ   300g
     水     1.5リットル
    砂糖    300〜500g
    レモン汁  50ml
  【作り方】
    @赤ジソはしっかり洗い水気をきります。
    Aステンレスかほうろうの鍋(アルミの鍋はレモン汁を加えると化学反応
     が起こる事が考えられる)に水を沸かし、シソの葉をゆでます。
    B葉が緑色になったらざるに上げ、冷めたら軽く絞り、ゆで汁の入った鍋
     へ戻します。
    C鍋に砂糖を加えて溶かします。粗熱をとったらレモン汁を加え、冷まし
     てから容器に移し冷蔵庫で保存します。

    〜オススメ〜
     水や炭酸水、お酒で2〜5倍に薄めて飲んだり、原液をアイスクリームや
     ケーキにかけたり、ゼリーにしてもおいしく頂けます。残った葉はザクザ
     ク刻んでフライパンで炒め、白ゴマと味噌とみりんで味を整えたらご飯
     のお供にぴったりです。
 
                 参考図書:『食の医学館』(小学館)
                       『食べるくすりの事典』(東京党出版)
                       『食べて治す!栄養成分事典』(主婦の友社)
                       協力:神戸市在住の森田さん
  食材>シソ
                                 


Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.