病気解説シリーズ

関節痛

関節痛

「階段の上り下りが辛い」

「季節の変わり目は節々の調子が良くない」

など、関節の痛みに心あたりはありませんか?

今回は主に加齢に伴って発症する変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)をご紹介します。

 

主な関節痛とその原因

一口に関節の痛みといっても、様々な原因があります。

 

外傷(ケガ)

けが

軟骨の半月版などが傷つき、膝に痛みが起こる。特に激しいスポーツなどで多い。

 

自己免疫疾患(リウマチ)

リウマチ

免疫反応の異常で、自分の組織への攻撃が起こり、関節に炎症を起こす。

 

変形性関節症

関節軟骨が加齢や使いすぎによってすりへり、炎症を起こす。進行すると、骨が徐々に変形していく。

 

感染症

細菌などが関節に入り、
炎症を引き起こす。

 

痛風

痛風

体内の代謝異常でできた物質(尿酸)が原因で、主に足の付け根に炎症を起こす。

 

変形性関節症とは

変形性関節症の多くは、加齢による筋肉の衰えや肥満・無理な動作などが関節への負担となり、骨と骨が直接ぶつからないようクッションの役割を果たす関節軟骨がすり減ることにより発症するとされます。

 

磨り減った状態

 

男性より女性に多く、50歳以降になるにつれて増えることや、体重の負担が直接かかるひざ関節に多く見られることが特徴です。

また、何年もかけて良くなったり悪くなったりしながら、除々に進行していきます。

 

痛みの原因は炎症

関節全体は、関節包かんせつほうという袋に包まれていて、その内側にある滑膜かつまくが滑液かつえき(関節液)を分泌し、関節の動きをスムーズにして、軟骨に栄養を与えています。

軟骨がすりへると、死んだ軟骨細胞のかけらが関節包の中に飛び散って滑膜を刺激し、炎症(痛み)を引き起こします。

 

軟骨の仕組み

 

<抜くとクセになる水!?>

ひざ関節に炎症が起きると、滑膜から滑液(関節液)が大量に分泌されてひざに溜たまります。

(関節水腫という)

この状態を「水が溜まる」と表現し、ひざの曲げ伸ばしが不自由になったり、痛みが出ることがあります。

水を抜いてもひざの炎症が治まっていなければ、水はまた溜まります。

そのため「クセになる」という言い方が使われるようです。改善するためには、根本原因の炎症を鎮めることが肝心です。

 

炎症と免疫の深〜い関係

炎症には、免疫細胞の働きが深く関係しています。

免疫は、もともと私たちの体を守るために働く機能のことですが、それが過剰に反応したり、暴走してブレーキが効かなくなると、体に様々な支障が生じます。

炎症もその一つなのです。

 

免疫細胞

 

免疫細胞が出す物質によって、炎症が引き起こされて痛みが起こり、さらには軟骨の障害にもつながっていることが最近の研究で明らかになりつつあります。

関節による炎症、さらには軟骨の損傷を抑えるためには、免疫細胞を適切に働かせることが重要です。

そのためには、シソやショウガなどの炎症を抑制 する効果のあると言われる食品を摂ったり、時には免疫力を強化するサプリメントや健康食品を上手に利用してみましょう!

 

<季節の変わり目に膝が痛い!>

皆さんも一度は「天気が悪いとおじいさんの神経痛がひどくなる」といった話を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

『古傷が痛むと雨』ということわざが示すように、昔から関節痛や神経痛などの持病を持つ人は天気の変化に敏感だと言われています。

天気が悪い時

近年の研究で、これらの症状の発現と気温や気圧・湿度などの気象条件には深い関係があることが明らかになっています。

中でも腰やひざなどの節々の痛みは、季節の変わり目や梅雨など、気圧が低下する時期に特に悪化することが多いようです。

原因としては、自律神経や体液バランスの変化により、体内で炎症反応を引き起こす物質が増加することがあげられます。

また、冷えや湿度の上昇も痛みを助長させる原因となるため、気象情報をこまめにチェックして対策を心掛けたいものです。

 

日頃から心がけよう
−対策編ー

変形性関節症は、長い時間をかけて徐々に進行します。関節に負担をかけない日常生活を心掛けましょう。

 

肥満に注意

体重が増加すると、特にひざ関節に負担がかかります。過食を避け、腹八分に!

肥満のおじさん

ひざには普通に歩いている時でも体重の約3倍、 階段では約5倍もの負担がかかるといわれています。

 

筋肉を鍛える
軽い運動や体操で筋肉を鍛え、骨格を支える力を強くする。
筋トレ

適度な運動で血流を良くすると、炎症が治まり関節組織の新陳代謝もアップします。

ただし、痛みが激しい場合は動かさず安静にしましょう。

家でも出来る簡単なトレーニングには足助体操も オススメです。

 

保温&保護

関節を冷やさない、なるべく負担をかけない事も重要です。

サポーター

冷えて関節の血流が悪くなると、痛みが出やすいので、膝掛け・重ね着などで保温を心掛けましょう。

サポーターは関節の固定・保護にも便利。

 

食品で補う

軟骨細胞の再生を促す栄養素を含む食品を摂取する。

例)エビ、カニ、オクラ、なめこ、山芋、鶏手羽先、牛スジ、豚足、フカヒレ など

これらの栄養素は、動植物性を問わずにネバネバ したものや、動物の皮や骨に多く含まれています。

 

その他にも様々な情報を取り扱っていますので、是非ご覧下さい。

 

まめ知識[目次]へ

食と健康[目次]へ

病気解説[目次]へ

当社製品一覧へ

お問い合わせ

TOPページへ戻る

 

<参考図書・資料>
・「関節炎」
 クレア・ルウェリン著・横山達也監訳

・「関節痛−つきあい方と治療法」
 順天堂大学医学部編

 

Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.