病気解説シリーズ

 

糖尿病

 

糖尿病 後編

前回に引き続き糖尿病のおはなしです。

糖尿病とつきあうヒントを中心にご紹介していきます。

 

対策1 定期健診を受けよう
◎早期発見がカギ
糖尿病の初期は自覚症状に乏しいため、定期健診などで早期発見に努めることが合併症を防ぐ近道です。

血液検査

 

<糖尿病の判定基準>

●空腹時血糖値
 ・一般的に朝食前の空腹時に測定
 ・正常型 110mg/dl未満
 ・糖尿病型 126mg/dl以上

●随時血糖値
 ・特に食事からの時間を決めずに測定
 ・正常型 -
 ・糖尿病型 200mg/dl以上

●ブドウ糖負荷後2時間値
 ・空腹時に75gのブドウ糖を飲み、
  時間を追って血糖値やインスリン値を測定
 ・正常型 140mg/dl未満
 ・糖尿病型 126mg/dl以上

●HbA1c(%)ヘモグロビンエーワンシー
 ・随時測定可能
 ・正常型 -
 ・糖尿病型 6.5%以上

 

地域や職場などの健康診断では空腹時血糖値を測るのが一般的ですが、血糖値(GLU)は食事の影響を受けて変動するため、複数の項目を組み合わせて診断や判定を行うこともあります。

 

◎血糖管理の指標ーHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)

血糖値と併せて、糖尿病の検査でよく用いられるのがHbA1c(ヘモグロビンA1c)です。

 

ヘモグロビン

 

赤血球に含まれるヘモグロビンにブドウ糖が結合したもので、血糖が高いほどHbA1cも増えるのが
特徴です。

過去1〜2ケ月の平均的な血糖の状態を反映していて、食事の影響を受けないため、最近では血糖コントロールの指標として特に重要視されています。

検査前に慌てて食事を控えて血糖値を下げたとしても、HbA1cを見れば日頃の自己管理の様子がすぐ分かります。

 

※併せて、糖尿病の影響が現れる血圧や腎機能、コレステロール、中性脂肪、尿検査などの項目にも注意しましょう。

 

対策2 他の生活習慣病にも注意しよう

◎肥満が病気を呼ぶ?!

肥満の男性

2型糖尿病では、インスリンの分泌量には問題がないのに、血糖を下げる働きが低下してしまう「インスリン抵抗性」が多く認められ、肥満が深く関わっているとされています。

肥満によって蓄積された内臓脂肪からはインスリンの作用を邪魔する物質が出ていて、更にこの状態では高血圧症や高脂血症など動脈硬化の原因となる要素が集まりやすいことが知られています。(※メタボリックシンドローム)

 

※メタボリックシンドロームとは

内臓脂肪型の肥満に加えて、高血糖・高血圧・高脂血症のうちいずれか2つ以上併せ持った状態で、心臓病や脳血管疾患など命にかかわる病気の危険性が急激に高まるとされる。

 

対策3 自己管理に努めよう
◎食生活を見直そう
食事の取りすぎ

腹八分を基本に、栄養バランスのとれた食事を3食きちんと摂るよう心掛けましょう。

 

過食を避ける工夫を

@食前に牛乳を飲むと満腹感が得られ、自然に食事量を減らすことができます。

Aよく噛むと食事の時間が長くなって大脳の満腹中枢が働くので、過食防止になります。

 

バナナの効用
バナナ

ダイエットに最適!とバナナダイエットが流行した時期もありましたね。

血糖降下作用のある食品としておすすめなのがバナナです。

バナナに含まれる糖は体内に吸収されるまでに時間がかかるので、血糖値の上昇が緩やかになります。

インスリンに作用するカリウムやマグネシウム、クロムなどのミネラルが含まれる他、ブドウ糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富。

カリウムは血糖値を下げる作用があります。

糖尿病にバナナ!と思われるかも知れませんが、免疫力を高め、血圧を下げ、血糖のコントロールに役立つ食材であることを覚えておきましょう。

※ただし、糖分が多いので食べ過ぎには注意が必要です。!!1日1本程度を目安に食用しましょう。

 

◎運動を習慣づけよう

 

ウォーキング

 

運動をすると、ブドウ糖が筋肉に取り込まれて血糖値を下げるとともに、糖尿病を悪化させる肥満の防止やストレス解消にもなります。

ウォーキングや臍下丹田呼吸法せいかたんでんこきゅうほうなど、時間や場所の制約を受けずに行える簡単な方法を工夫して、継続することが大切です。

 

◎ストレス対策は呼吸法で
呼吸法

血糖値の上昇を招く一因にストレスがありますが、その最大の原因は酸素欠乏にあると考えられます。

弊社ではその解消に、臍下丹田呼吸法(せいかたんでんこきゅうほう)をおすすめしています。

疲れを感じたら、たっぷり睡眠をとって脳や身体を休めるとともに、呼吸法で十分な酸素を取り入れるようにしましょう。

 

〜臍下丹田呼吸法の効用〜

@脳への酸素補給

酸素不足により脳の正常な動き(処理能力)が低下すると、免疫力や自律神経、さらにはインスリンを含む様々なホルモンの分泌にも影響が出ます。

呼吸法により、身体の司令塔である脳に必要十分な酸素を送りこむことで、これらを正しく働かせることができるといわれています。

A脂肪燃焼

呼吸法は、代謝を上げて体脂肪を増やす有酸素運動でもあります。

肥満が大敵の糖尿病にはまさにぴったりです。

詳しい呼吸法はこちら  

 

慣れ親しんだ生活習慣を変えることは簡単ではありませんが、「自分の健康は自分で守る」という積極的で前向きな思考で取り組んでみませんか?

 

その他にも様々な情報を取り扱っていますので、是非ご覧下さい。

 

まめ知識[目次]へ

食と健康[目次]へ

病気解説[目次]へ

当社製品一覧へ

お問い合わせ

TOPページへ戻る

 

<参考図書・資料>
・「糖尿病のすべてが分かる本」
 矢沢サイエンスオフィス編(学習研究社)
・糖尿病ホームページ
 厚生労働省生活習慣病対策室
・「メタボリックシンドロームを予防しよう」
 財団法人 循環器病研究振興財団

 

Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.