home < プレスリリース < 2017 < 書籍紹介 2017年11月号
 

           
 壮快(2017年11月号)より『新・微生物酵素』で当社の薫習 非変性U型コラーゲンの記事が掲載されました。


壮快 2017年11月号


マキノ出版

「壮快」11月号 (9月16日発売)では体質を改善し関節や筋肉を柔軟にして可動域を広げる力をサポートする「新・微生物酵素」と紹介されています。


  P154〜156 「新・微生物酵素」より一部を抜粋してご紹介します。



体質を改善し関節や筋肉を柔軟にして可動域を広げる力をサポートする

 
適合性が9割以上と驚くほど高かった
 
  鍼灸師になってから34年間、「患者さんのためにより効果的 な治療とは何か」をずっと探求し
続けてきました。
  体の不調は自律神経の偏りから起こることが多いのですが、生き方を変えるだけでは、その偏りは直せません。というのも、自律神経は、特に姿勢と重要な関わりがあります。副交感神経が派生している頸椎(背骨の首の部分)や仙骨にゆがみがあると、自律神経に影響が及び、偏りが生じます。
 鍼灸療法では、刺激や熱で血流の滞りを修正できます。しかし、骨格そのものにゆがみのある患者さんに対し、鍼灸だけでは根本的な改善はできません。



〜以下、省略〜



 
 


                            
Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.