上に戻る上に戻る
笑いの効能
 笑いと免疫力の変化
 みなさん、どんな時に笑っていますか?そして最近笑っていますか?
 笑いとは、人とのコミュニケーションの場において生まれる現象です。アメリカのある雑誌の編集長をしていたノーマン・カズンズ氏は、自身の「膠原病」を喜劇やコメディーなど面白いものを見て笑って治してしまったのです。このことは世界的な話題となり、「笑い」に関する研究が行なわれるようになりました。
 
 笑うと身体の中がどうなるの?
 笑うことによって
 @脳が刺激され、それが神経へ伝わる。
 A神経ペプチドという免疫機能活性ホルモンが分泌。
 B神経ペプチドと結びつき、白血球の一つであるリンパ球でがん細胞や細菌に感染した細胞を死滅させ、がん細胞の殺し屋として有名なナチュラルキラー細胞が活性化される。
 Cモルヒネの数倍もの鎮痛作用と快感作用のあるベータエンドルフィンなどのホルモンも大量分泌。

 これらのことにより笑うことによって身体が活性化され、免疫力がアップすると言えます。
 つまり、免疫コントロール、自己治癒力の向上がなされていると思われます。
 脳から出るホルモンが生き方を変えるということでベストセラーになった、春山茂雄著『脳内革命』にもベータエンドルフィンの鎮痛効果以外の、老化を防止し、自然治癒力を高める効果が記載されています。

 さらにこの笑いは腹式呼吸による効果も期待できるのです。腹式呼吸は副交感神経の働きを助けて自律神経を整えます。
 笑うと横隔膜を鍛えることが出来るので、肺の強化につながります。
 
 自 律 神 経
交感神経と副交感神経の二種類があり、意志とは無関係に生体の植物的機能を自動的に調節する神経。
 交 感 神 経・・・・怒り、恐怖を感じた時作用する。
 副交感神経・・・・安らぎ、安心感を感じた時作用する。

 笑い過ぎたらどうなるの?
 笑い過ぎてほっぺやおなかが痛い、という経験はありますよね?
笑う時には胸やおなか、腰、背中などさまざまな部分の筋肉を使っています。これは筋肉トレーニングにもなります。この運動量は、早歩きほどではないですが、運動不足の現代人や、お年寄りにはたいへん効果があります。

 また、笑い過ぎて涙が出たことがある方も多いのではないでしょうか?
 涙は副交感神経の作用のみで出ると言われています。笑いには、自律神経を活性化し、さらに副交感神経の働きを優位の状態にする効果があるのです。

 大笑いしたあと、ゆったりとリラックスした気分になるのは、この副交感神経のおかげなのです。

 笑いの効果
 鎮痛剤が手放せない重症の女性リウマチ患者26人に落語を1時間聞いてもらう実験を行なったところ、わずか1時間笑っただけで全員の痛みが楽になったとの報告があります。
 また、笑いによって全身麻酔をかけた時と同様の状態を作り出すことができるようです。

 作り笑いでも効果はあるの?
 同じ笑いでも、無理して笑う作り笑いはどうなのか気になりますよね?実は、作り笑顔でも同じように身体が活性化され、ナチュラルキラー細胞の働きが活発になるそうです。ですから、楽しくなくても、無理矢理笑って笑顔を作ることが大切ですね。

 笑いシワを気にせず毎日笑顔を!
 いくら笑うことが良いとは言っても、笑ってばかりいることは女性にとって大敵であるシワが気になります。しかし、実は顔には表情筋が20種類以上あり、シワを気にして使わないでいると筋肉が衰えて、かえって肌のハリやツヤに悪影響を及ぼします。

 人間は怒ったり強いストレスを感じると、脳からノルアドレナリンという強い毒性をもっている物質が分泌されます。この物質は、蛇毒に次ぐ毒性をもつといわれています。
 ですから、このような恐ろしい物質を出さないように、すべてをプラス発想で考え、いつも前向きで笑顔でいたいものです。自分の身体の中からベータエンドルフィンなどの物質を作り出すことによって自分自身の魅力を何倍も引き出して、心身に癒しと元気を与えてくれます。
 毎日はつらつとした笑顔でイキイキと過ごすことによって、いつも若々しく健康で、病気にも無縁で長生き出来るのです。
 年を重ねるごとに笑顔に磨きをかけ、自分自身が光り輝く存在になりたいですね。

 


Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.