臍下丹田呼吸法[せいかたんでん こきゅうほう]
 今回は弊社がお勧めしております臍下丹田呼吸法についてスポットを当てたいと思います。

 丹田呼吸とは
 丹田呼吸というと、難しい特別な呼吸法だと思っていませんか?
しかし、決してそんなことはありません。実は赤ちゃんはみんな丹田呼吸の実践者なのです。
もともと丹田呼吸は大人の知恵で考え出されたものではなく、無心の赤ちゃんの時にすでに行なっているのです。そのため、この丹田呼吸は極めて自然なものであって、赤ちゃんの実行しているこの丹田呼吸を成長後も続けていれば良いのです。

 丹田呼吸法の起源
 丹田呼吸法はいつごろどのように生まれたのでしょうか?
丹田呼吸法の原型は今から2500年程前にお釈迦様が悟りを開かれたときに展開されたといわれています。

 釈迦の教え「正しい呼吸こそは悟りへの道」
 お釈迦様の教え「大安般守意経」の中には、呼吸に
ついて様々な効果があることを教えています。
 (訳)
 『釈迦がある時、祇園精舎で多くの弟子を集めて正しい
呼吸の重要さについて話された。出息入息を念じつつ行
なうならば、おのずと下腹部の充実した丹田呼吸になって
いる。この呼吸法は眼も疲れず病まず、そしてものの観方、
考え方が深まるままに楽しい生活ができ、後で悔を残す
ような楽しみに染まらないことを覚えるであろうと。かように
出入息法を修行するならば大いなる果と大いなる福利を
得るであろうと。かような呼吸によって深く禅定に進み行け
ば慈悲の心を得、迷いを断ち、證に入るであろう。』
 この呼吸法については、釈迦が仏教の開祖でその後仏教が発達するにつれ、呼吸法も改良され今日に至っているわけです。日本でもこの呼吸法は、寺院の修行の場で受け継がれており、丹田呼吸法を普及させているお寺もあるくらいです。
  
 丹田とは
丹田の語源
 中国で昔から不老長寿の薬に「丹薬」というものがあるそうですが、「『丹薬』を栽培する田畑」の意により、「丹田」と呼ばれるようになったそうです。
臍下丹田の場所
 丹田には実体がなく、分かりにくいと思いますが、古来よく臍下三寸の位置にあると言われます(一寸は約3cm)。ここでは、簡単に臍より下の下腹部と考えて良いでしょう。

 呼吸法の種類
@胸式呼吸
  胸でする呼吸で生理解剖的にみれば胸郭を拡大するために働く筋肉群の収縮と弛緩で行なわれます。悲しいときは弱い胸呼吸であり、顔色は冴えず、食欲は落ち、元気がなくなります。ノイローゼの人は必ずといってよいほど、浅く弱い胸呼吸型です。
A腹式呼吸
  腹呼吸は横隔膜の上下運動によって行なわれます。腹呼吸は胸呼吸よりはるかにすぐれている呼吸型で、ものにこだわらない楽天家が多いといわれます。
B丹田呼吸
  息を吸い込み、下腹部に力をこめてからゆっくりと息を吐き出す呼吸法で、強い腹圧を伴った呼吸型といえます。自律神経のアンバランスを防ぎ、生体内における各種ホルモン系を調整し、その調和を保ち、すぐれた内臓の強化法ともいえます。心身ともにたくましい生活力を湧き出させる源泉であり、原動力です。

 丹田呼吸:3つの大きな働き
@生命活動に必要十分な酸素を吸収する
  ・脳を健康に保つには、脳に潤沢な酸素と栄養をいかに送り込むかということ。
  ・心臓からうち出される血液量の約5分の1が脳へ循環している。
  ・酸素や栄養素、気力や運動などが欠乏すると、脳細胞の正常な働き(処理能力)が低下。
  ・ホルモンや酵素の正常な生産や分泌などの機能の低下を招く。
  ・適切な栄養を豊富な酸素を持った血液で脳循環を快適にすることは脳細胞組織の活性化に重要。
A横隔膜の運動により内臓を鍛える
  ・横隔膜を動かすことにより内臓を鍛えて正常な働きを保つようにする。(特に肺の活動を左右します)
B腸内細菌叢のバランスを良くして整腸作用を促す
  ・下腹部に力を入れることで腸内細菌のバランスが良くなり整腸作用などの効果がある。

 実践!
  上記の効能が、正常な代謝を促し若さを保つ最大の秘訣となります。
  まずは、4ヶ月程度根気よく継続し、実践してみましょう!
  「こんな簡単なことで元気になるとは!」きっとそう体感されることでしょう。

                  ※臍下丹田呼吸の方法はこちらをご覧下さい。

上に戻る上に戻る
臍下丹田呼吸法


Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.