Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.


TFKの誕生
〜食物とその役割及び自然治癒力〜

  私たちのカラダの中には、200〜300種類、100〜200兆個、重さにして約1kgの腸内細菌が棲んでおり、3000種以上の酵素を作り出しています。それらの酵素は、人の体内の栄養生理や成長との関連、また感染防御の面できわめて重要な働きをしているのです。
  口から入った飲食物(栄養源)は、各消化酵素のはたらきによって分解され、タンパク質はアミノ酸に、炭水化物は糖に、脂肪は脂肪酸とグリセリンにというように、低分子化合物にまで分解されます。そして小腸壁から吸収されてカラダの各部へ送られ、エネルギーの生成や身体の構成成分として使われ、余分なものは肝臓や皮下に脂肪として蓄えられます。













 このように体内でいろいろなものが合成されたり分解されたりするには、それぞれの目的に合った触媒としての酵素のはたらきが必要不可欠となります。
 しかし、酸素や栄養素が不足し、気力や体力などが低下すると、ホルモンや酵素の正常な分泌機能が低下します。その結果、間接的あるいは直接的に消化機能や内臓機能、神経機能や免疫機能などのバランスがこわれて、様々な病気の原因となるのです。
 さらに、各酵素がきちんと働く場合には、必ずその目的に応じて酵素を助けるビタミンやミネラルなどの補酵素が必要です。その補酵素の大部分はビタミンB群です。

    「健康食品TFK」は、微生物が代謝して生み出した生理活性物質であり、
   酵素その他、核酸やアミノ酸、各種ビタミンB群などがバランスよく含まれています。

      核酸アミノ酸・・・カラダの細胞を構成する成分
      ビタミンB群・・・酵素の働きを助ける重要な役目をもつ
      その他、エネルギーの源になる糖類などをバランスよく含んでいます。
     ※これらの成分がなければ、カラダの組成は成り立ちません。

   長年にわたり多種多様な病気の方々が試食された結果をみると、脳細胞の処理機能を高めているのではないかと考えられます。
 その結果として、これらの物質が免疫系を活性化し、さらに酵素やホルモンの自己分泌機能が回復されて自然治癒力を高めているものと推察されます。

  ※生理活性物質について詳しく知りたい方はこちらへ → 『生理活性物質のはたらき』

TFKの誕生 原材料・成分分析
脂肪分解酵素
炭水化物分解酵素
タンパク質分解酵素