Home < 血液を勉強しよう! < 血液検査は体調のバロメーター




 会社や自治体が指定する健康診断や、任意で行う人間ドック、また病気になったときに病院で血液・生化学検査や尿検査を行ないますが、なぜ検査をするのでしょうか?
 血液は身体の隅々まで循環しているため、常に全身の健康状態を反映しており、どこかに異常がある
と、その成分も常に変化します。また、全身を巡ってきた血液が腎臓でろ過され、その老廃物が含まれている尿も、体の異常を示す指標になります。
 つまり、血液や尿には体内の様々な情報が溶け込んでいて、現在の体の状態を知る目安になるので
す。定期的に必要十分な項目を検査していれば、身体の状態を的確に把握することができるので、検査結果は捨てずに全て保管し、数値の経時的な変化を見るようにしましょう。
 ここでは、病院で受けられる様々な検査項目について、その意味を紹介していきます。


Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.